迷参謀アルマジロの日々是修行日記
2009年 12月 21日 ( 1 )
「亀田興 VS. 内藤」
  先日の「亀田興 VS. 内藤」のタイトルマッチをテレビ観戦した方も多いと思いますが、なかなかの試合でしたよね。何より、亀田選手の戦う姿勢や表情に好感を持ったアルマジロでした。

  亀田選手というと、「大口を叩く」「生意気」「相手を馬鹿にしている」などと世間の風当たりは強く、度々バッシングされます。しかし、それら古き良き時代の「ツッパリ」の態度とは裏腹に、試合中の彼の表情は真剣そのもの。それは、オリンピックなどで拝見する通常のアスリートの顔です。軽口を叩いているだけであれば単なる若僧と片付けることもできるでしょうが、あそこまで真剣にボクシングをしている姿を見せつけられると、アルマジロとしては「ひとりの立派なボクサー」、いや「人間」として認めます。そもそも、世間を見回してみても、あそこまで真剣に仕事をする人はなかなかいませんよね。しかも勝利したのですから、亀田くん、「あっぱれ」です!

  亀田選手のこれまでを見ていると、「矢沢永吉」と重なる部分が大きいように思います。永ちゃんだって、ソロになりたての若い頃は同じようにバッシングされましたよね。ハワイかどこかの投資に関連してマネージャーの悪意で億単位の大損した時にも「ざまーみろ」とかなり言われたようです。それでも、その借金を全額返済し、あのように今でも活躍していることを、30年前にどれだけの人が想像できたでしょうか。

  「大口を叩く」ことは、いわゆる世間の常識を外れており、みっともないことだと思われがちです。しかし、ただそれだけで、ある彼あるいは彼女が「大口を叩く」理由というか意味も考えずに負の評価を下してしまうことは残念なことだと思います。世間にはいろいろな人がいて、ある行動をとるにはそれなりの理由や原因が必ずあるのですよね。たとえば、自身や仲間の気持ちを鼓舞するための「大口」とか・・・

  この試合はアルマジロにとって、日頃偉そうな口を叩くだけの人が多い中で、反省させられる良い機会でした!
[PR]
by hayakawa-houmu | 2009-12-21 05:16 | 日々雑感


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb