迷参謀アルマジロの日々是修行日記
「ウクレレーその後」
  アルマジロがウクレレを手に入れてから、はや3ヶ月。

  昨年末にある先輩と食事に行った時にウクレレの話となり、「曲は弾けるの?」という質問の答えに窮してしまいました。何故って、「弾ける」ということの意味がとっさに理解できなっかたのです。「弾ける」といってもいろいろあるわなあ・・・というわけで、今回はアルマジロのウクレレの腕前の現状報告です。

  まず、楽譜があれば、大概の曲は「コード弾き」で伴奏はできます。但し、ギターのコードとは押さえ方がだいぶ異なるので、すべてのコードを譜面を見ずに反射的に弾くことはまだ無理です。

  そして、現在練習しているのは、「ソロ弾き」。当面の目標は、ジェイク・シマブクロの「フラガール」(映画のサントラ)と「クロスロード・ブルース」(ロバート・ジョンソンの曲。クリームもカバーしてましたね!)をコピーして弾くことです。この道程はかなり遠いように感じますが、目標は高くなくちゃと少々気張りました。最近のお気に入りは、簡単な曲ではありますが、「大きな古時計」(平井堅もカバーしてましたね)と「いつも何度でも」(「千と千尋の神隠し」の主題歌)、それとジェイク・シマブクロも弾いていますが「見上げてごらん夜の星を」等々です。アクースティック・ギターやエレキ・ギターを弾いていた遠い昔とは曲目がかなり違っていて、どこか気恥ずかしい気分です。でも、3年もすれば、きっとウクレレでジャズとかブルースを弾いているような気もします。真面目に練習していればの話ですが・・・(ウクレレは音が伸びないので、「ストーミーマンデー」(オールマン・ブラザース・バンド)のようなスローなブルースはちょっと無理かも!?)

  そうそう、3ヶ月練習してみた時点でのウクレレでの困ったちゃんは、まず、通常のギターの左手はヘソあたりの高さで弾きますが、ウクレレは胸あたりの高さで弾くこと(クラッシック・ギターも胸のあたりで弾くみたいです)。これって、結構窮屈で弾きにくいんですよね。また、通常のギターであればギターホールやや後方で弾くのに対して、ウクレレはホールのネック寄りで弾くこと。この辺までは慣れの問題なのでしょうが、おそらく解決不能なのがフレット間の幅の狭さと芋虫大の指の太さの関係です。如何に指を立てようが物理的に狭すぎます。そんなこともあって、通常のウクレレより一回り大きい「コンサート・サイズ」のウクレレを買ったのですけど・・・それにしても、この芋虫の指達はどうしてこうも動かなくなってしまったのだろう・・・スライド・ギターのやり過ぎか・・・歳をとったことによる神経の伝達速度の低下か・・・トホホ

  ・・・というわけで、言い訳をしつつもアルマジロのウクレレ修行は続きます。ご近所迷惑になっていなければよいのですが・・・(苦笑) そういえば、何年か前に友人からソプラノサックス(ケニー・Gのお得意)を練習して聴かせろと言われ、大変興味はあるものの、ご近所迷惑を考えてとりあえず断念。楽器をサイレントで練習するというのはどうも苦手なもので・・・
[PR]
by hayakawa-houmu | 2010-01-29 05:52 | 趣味のこと
<< 「ネットでの業者探しにはご用心!」 「心境の変化」 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb