迷参謀アルマジロの日々是修行日記
「英国式ブラスバンド」
  正月の三が日も明けたある日イギリスに留学中のいとこから1枚の葉書が突然届いた。「コンサートがあるので、よかったら来てください」という内容の葉書であったのだが、コンサートの日にちを見て驚いた。コンサートは葉書が着いた翌日ではないか。前日は夜遅く帰宅したため、アルマジロはコンサート当日の朝に知ったのであった。それも、開演13時、場所は横浜市の都筑パブリック・ホール。ネットで調べてみたら、「指揮者」の欄に彼女の名前がある。単身英国に乗り込み頑張っている彼女の一世一代の晴れ姿になるかもしれないと思い、とりあえず行ってみることにした。

  受付でプログラムを手にすると、そこには「英国式ブラスバンド」の文字。「英国式ブラスバンド」とはなんぞやと首を傾げつつ・・・(以下、プログラムから引用) 「英国式ブラスバンド」とは、サクソルン属と直菅楽器のトロンボーン、打楽器で構成される金管バンドである。日本では吹奏楽の事を指して「ブラスバンド」ということがあるが、イギリスでは吹奏楽はミリタリーバンド等と呼ばれ、英国式ブラスバンドとは明確に区別されている」とのことである・・・ということで、アルマジロにとっては、またひとつ勉強になった。

  そして、小柄な彼女の堂々たる指揮ぶりに感激。曲目にはアジア初演の曲やら彼女の大学院の友人が作曲した曲などもあり、音楽好きのアルマジロにとっては「英国式ブラスバンド」というのも悪くないなと思った次第。

  彼女は、日本で大学を卒業した後、数年間中学校の音楽教師をしていたのだが、両親の反対を押し切って渡英。1年間程度の語学留学か遊びにでも行ったのかと思っていたら、なんのなんの、語学コースとファンデーション・コースとやらを終了して、現在は大学院の修士課程(MA Music)に在籍してるとのこと。そりゃ、なかなか帰ってこないはずだ。この一族、女性で活躍している人が多いとはいえ、なんとパワフルなことか。えらい、えらい! 若者、というか、人はこうでなくちゃ!

  彼女のこの先の人生がどのように展開するかは神のみぞ知るが、とても楽しみである。この日アルマジロはパワーを頂戴致しました。ありがとう!
[PR]
by hayakawa-houmu | 2010-01-10 10:54 | 趣味のこと
<< 「暗記嫌い」 「ひたむきさ、そして、真剣に楽... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb