迷参謀アルマジロの日々是修行日記
「地球温暖化」
  今朝の東京は、昨晩からの激しい雨が続いています。

  昨晩、日本近海で熱帯低気圧が台風に変わりましたが、こんなことって、かつてありましたかね? 熱帯低気圧が台風に変化するのは、台湾以南の南方海上であったような・・・ きっとこれも、「地球温暖化」の影響なのでしょう。
  
  それにしても、巷では「地球温暖化」やら「異常気象」と騒がれているにも拘らず、抜本的対策が実行に移されないのは、とても不思議に感じます。動物のアルマジロから見ても、ホント呆れてしまいます。日本の平均気温は統計的に上昇し、お鮨屋さんによれば、魚の獲れる場所が北にシフトすると共に、獲れる時期も早まっているそうです。アルマジロが小学生の頃に習った時は日本は「温帯」にあったはずですが、もうすでに「亜熱帯」、そして、何年か先には「熱帯」なんてことになるのでしょうか。

  世界では、「地球温暖化」や「環境問題」に関しての論議は10年以上前から行われています。特に、EC諸国では、比較的真剣に議論されているようです。それでも実効的解決策に至らないのは、経済成長至上主義のアメリカ合衆国や中国、そしてロシアなどの大国がなかなか協調的姿勢に至らないことが原因のようです。たしかに、資本主義経済は経済を拡大させるためのシステムですし、我々は長い間その利益を享受してきました。しかし、その成長も「地球」という環境あってのことです。この期に及んで技術革新によって克服しようというのは、環境破壊の進行を多少遅らせることがあるとしても、科学技術に対する驕りであると思います。

  かつて、「定常化社会」という概念を推奨する方々がいました。これは、端的にいえば、環境破壊をこれ以上進行させないため、経済成長は捨てて、現在の生活レベル(あるいは、何年か前の生活レベル)を維持する社会にしようということのようでした。世の中のお偉いさん達に経済成長を捨てるなどということはできませんから、この概念もいつのまにか下火になってしまったように感じます。抜本的な解決策とは思いませんが、最低限のやるべき事としては必要なことと思っていたアルマジロとしては、とても残念です。

  歴史を振り返ってみれば、ひとつのシステムが未来永劫続くということは考えられません。おそらく、完璧なシステムは存在せず、人類が作ったあらゆるシステムは、社会環境の変化により破壊され、再構築されるのでしょう。アルマジロが「資本主義もそろそろ崩壊するかな」というと、馬鹿にしたような顔をする輩も結構いますが、「資本主義」というシステムも決して歴史の例外ではないと思います。何年後のことかはわかりませんが、「資本主義」が崩壊する引き金となる要素の第1候補は、「地球温暖化」や「環境問題」だと思います。その日が来るのも、結構近いのかも知れません!?
[PR]
by hayakawa-houmu | 2009-08-10 07:32 | 日々雑感
<< 「経営理念」 チャーハンの作り方 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb