迷参謀アルマジロの日々是修行日記
「ひたむきさ」
  元早稲田大学ラグビー部主将で、元日本代表FWでもある石塚武生さんが、昨日(8/7)お亡くなりになりました。 ここに慎んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

  アルマジロが高校1年でラグビーを始めた年、石塚さんは早稲田大学の主将で、チームを大学選手権優勝に導きました(日本選手権では近鉄に敗れてしまいましたが・・・)。 当時の大学ラグビーは早明2強時代であり、早稲田大学のバックスには、藤原選手(ウイング)や植山選手(フルバック)といった日本代表のスター選手がおりました。 他方、フォワードの戦いぶりは、早稲田大学伝統の軽量フォワードが低くタイトなスクラムやモールで明治大学の戦車フォワードに対抗するという、高校生が見ていても悲壮感漂うものでした。

  そんな早稲田大学フォワードの中にあって、石塚選手は身長170cm程度の小柄なフランカー(背番号7)として、どのような大柄の相手に対しても、常にひたむきに、怪我など恐れず、相手の膝下にタックルし続ける姿が非常に印象的でした。 当時、そんな「ひたむきさ」とは程遠かったアルマジロも、身が引き締まる思いで観戦していたことを思い出します。

  アルマジロもオヤジになって思うことは、「ひたむきさ」というのは社会でとても貴重だし、カッコいいですよね、やっぱり。 「ひたむきさ」に代表されるような少年の心を、いつまでも忘れずにいたいものです。

  合掌
  
[PR]
by hayakawa-houmu | 2009-08-07 10:49 | 日々雑感
<< チャーハンの作り方 「起訴有罪率」の不思議 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb