迷参謀アルマジロの日々是修行日記
「起訴有罪率」の不思議
  裁判員裁判制度の下で初めての裁判が昨日から始まったということで、今回は刑事裁判のお話。

  「起訴有罪率」という言葉を耳にしたことがありますか? 「起訴有罪率」とは、検察官が起訴した事件のうち、有罪となった事件の割合を示す数字です。皆さんは何%位だと想像しますか?

  実は、この「起訴有罪率」、「99.8%」と言われています。

  アルマジロは、初めてこの数字に出会った時、思わず目を疑ってしまいました。というのも、刑事裁判の大原則に「無罪推定」とか「疑わしきは罰せず」といった原則があります。誤解を覚悟で端的に言えば、「無罪推定」とは、裁判を開始する段階では、被告人は無罪であると推定されなければならないこと、すなわち、「起訴されたのだから、こいつがやったに違いない」などといったような偏見を裁判官は持ってはならないことをいいます。また、「疑わしきは罰せず」というのは、裁判官は「こいつがやったのかもしれない」と言ったような曖昧な状態で、有罪の判断を下してはならないということです。言い換えれば、裁判官は被告人が有罪であるとの確信が得られたとき、「合理的な疑いを差し挟むことができない程度の確信」が得られときに初めて、有罪の判断を下すことができるという原則です。

  にもかかわらず、「99.8%」というのは、感覚的に受け入れられない、というか、あまりに完璧すぎて不自然です(もちろん、%が低ければよいということではありませんが。)。新聞紙上で報道されている冤罪事件・・・数々の痴漢冤罪事件、受刑中に真犯人が見付かったという新潟の事件、最新技術の鑑定ではDNAが一致しない結果となった足利の事件、などなど・・・これらの事件の捜査上の問題点が指摘されるたびに、この「99.8%」という数字に首を傾げざるを得ないのです。

  ここで考えられることは、検察官が起訴する段階で、裁判で有罪となるとの確信を得られた事件のみ起訴しているのか(上記冤罪事件を見ていると、有罪を確信するに足りる「証拠」が揃った事件のみを起訴しているとはとても思えませんが・・・仮にそうだとしても、その場合には裁判官の職務に対して越権行為になるかも・・・)、あるいは、裁判官において「無罪の推定」が働いていないか等々です。

  これらの点についてこの場で議論するつもりはありませんが、法曹三者各々の立場の意見だけでなく、国民の目線で見た評価が必要なのだと思います。この辺のところも、裁判員裁判に参加された皆さんには、様々なご苦労もおありかとは思いますが、是非体感してきて頂きたいと思います。「司法制度改革」の標語に「開かれた司法」というものがありました。法曹三者の世界の中で自己完結してしまっている現在の司法に国民の批判を加えることは必要なことだと思います。あなたが冤罪の被害者に、いつなってしまうとも知れないのですから。
[PR]
by hayakawa-houmu | 2009-08-04 06:32 | 日々雑感
<< 「ひたむきさ」 司法試験を受験しなかったわけ >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb