迷参謀アルマジロの日々是修行日記
「検証すべし!」
  作成した計画を実際に遂行してみた後で、物事が計画通りに進んだか否か、進まなかったとすれば原因は何だったのかなどと検証してみることは非常に大切である。そして、検証結果を基に当初の計画を修正したり、場合によっては計画遂行中止の決断をすることはもっと大切である。お馴染みの「PDSサイクル(Plan-Do-See-Plan・・・)」とは、まさにこのことを言っているのである。

  先日の東日本大震災の時の出来事についても、最近になってマスコミや研究所の行った「検証」が新聞紙上で見られるようになってきた。 たとえば、首都圏での鉄道が夜9時10時まで再開されなかったこと、あるいは、一部の路線では翌日まで復旧しなかったことについてなどである。「震度5強」で半日以上、すべての電車が不通になったことが個人的には不思議に思っていたのだが、ある分析によれば、当日夕刻の某官房長官の一言の影響が大きかったとのことである。

  鉄道にしても原発にしても、非常時の計画に対して実際に何がどのようになったのかの検証をしっかり行って、その分析と共に、当初計画をどのように修正すべきかということを国民に報告するべきだと思う。そして、時を同じくして某大手銀行で生じた、人的ミスによるシステム・トラブルについても同様である。「申し訳ありません」などと謝ってみたり、お偉いさんの首をすげ替えてみたりするいるだけで済む問題ではない。国民の側においても、納得できる報告や解決策が提示されるまで、決して許すべき問題ではない。

  アルマジロ的には、その他にも不思議な出来事が結構ある。 たとえば、義援金はたくさん集まっているようだけれど、どのようにして、いつ頃、誰の手許に届くのだろうとか、救援物資は何故もっと早く必要なものが必要なだけ被災者に届かないのか、この後に及んでも国会議員は何故ひとつになれないのか、政権政党内では何故仲間割れを続けているのか等々、疑問は尽きない。 どの疑問をとってみても、単に国民は政治家に馬鹿にされているだけだとしか言い様がないではないか、とさえ思う。

  この気持ち、一言で表せば「何だかなあ・・・」+溜息、というところか・・・

  そんなことを言っている場合ではないことは重々承知しておりますが・・・

  P.S.

  救援物資のデリバリーについては、宅配業者の協力により、当初よりはだいぶ改善されたようです。 なんでもかんでも自衛隊に頼るのでは、事は進まないのは当たり前ですよね。
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-04-27 05:47 | 日々雑感
<< 「ラグビー: JKジャパン始動」 「プロジェクト・マネージメント... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb