迷参謀アルマジロの日々是修行日記
<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「udon fantasista2011(2) 」
  先月ご紹介した、「udon fantasista 」(うどんファンタジスタ)。九州から関東まで、各地で人気のうどん店6店が全国から結集した魅惑の6日間が遂に昨日で終了してしまいました!

  アルマジロも全日出撃する予定だったのですが・・・出張あり、会議あり、当番あり、惚けあり・・・で、2日間に止まってしまいました・・・残念無念(涙)

  が、しかーし、行くことのできた日に出店していた「竹松うどん」と「名麺堂」はなかなかのものでした。

  「竹松うどんは」は京都府綾部市にあるお店。香川県の「やまうち」で修行した後、全国行脚。うどんののど越しやだしの風味など、典型的な讃岐うどんからはかなり変形させているのでしょう、洗練され、滑らかな印象を受けました。これはこれで美味。加えて、せせりの炭火焼きやこんにゃくのてんぷらも美味。地元の黒豆は茹でて食べたら超美味。3袋買った甲斐がありました。万願寺とうがらしもグリルで焼いて美味しく頂きました!

  他方、「名麺堂」は徳島県徳島市にあるお店。香川県の「宮武うどん」で修行したようです。ご主人曰く、麺は西讃の典型的讃岐うどん、だしは讃岐より優れているとのこと。メニューは「温玉肉ぶっかけとり天添え」の冷・温のみ。サイズは小・中・大。アルマジロは当然のことながら「大」を頂きました。この「大」の量は侮れず・・・とてもとても美味しい麺とだしだったため、お陰様で食べ切ることができました。一言で感想を述べれば、「これぞ讃岐うどん」という感じ。加えて、添えられた「とり天」の美味しいことったら・・・。徳島ブランド「阿波尾鶏」を使用とのこと。温泉卵も美味でした。

  この「阿波尾鶏」、東京ではデパ地下でもあまり見かけないブランドですが、四国のデパ地下では「讃岐コーチン」「土佐ジロー」などと共に並んでいます。知る人ぞ知る京都の「鳥安」で売っている鶏肉も四国の地鶏ということでした。塩を振って網焼きにすると、ただそれだけで美味しいんですよねえ・・・!

  だいぶうどんの話から逸れてしまいましたが、どちらのうどんも大変美味しく食させていただきました。

  来年も大いに期待しております!
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-31 05:49 | 趣味のこと
「大学ラグビー: 関東大学対抗戦」
  先週末、筑波大学が早稲田大学を「21-7」で破りました!

  筑波大学の過去の対早稲田大学の戦績からは、筑波大学にとって画期的勝利ではある。

  しかし、昨年の対抗戦では勝負に敗れはしたものの、その内容では互角であった。さらに、今年の春シーズンでは早稲田大学に完勝であった。これらの実績を踏まえれば、歴史上の戦績はさて置き、当然の勝利と言っても過言ではない。

  昨年来の筑波大学の選手の特徴は、低学年ながら将来の日本代表としての活躍が嘱望される選手が少なくないことである。その中には、今年正月の高校ラグビー優勝校のエーストライゲッターもいる。そして、それらの選手達は上級生達とほどよくバランスしながら素晴らしいプレーを見せている。

  が、しかーし・・・ここからは日本ラグビー界に苦言である! 先週末まで開催されていたW杯で活躍していた20歳代前半の選手達と較べると、驚くほど基本スキルにおいて劣っていることは明白である。これではW杯自国開催でも、日本代表が準々決勝に進むことはまず無理であろう。

  今回のW杯出場の日本代表選手で25歳未満は一人しかおらず(マイケル・リーチのみ!)、20歳代後半から30歳代前半の選手ばかりであった。20歳代前半で世界で戦える選手がいないというのであれば、何処かシステムを変えなければならないのは必定。サッカーのようにプロ化して、10歳代から選手を育成し、海外のリーグで活躍できる人材を育てていくのも一つの方法なのではないだろうか。
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-28 05:51 | 趣味のこと
「横浜 野毛界隈」
  極めてローカルな話で恐縮であるが・・・

  先日、およそ二年前の当ブログにも登場した、横浜在住の花子先生に連れられ、横浜は野毛界隈を中年チーム総勢4名で「梯子」してきた。

  野毛界隈といえば、横浜は下町の一部であり、アルマジロの生まれ育った街からすれば、隣町みたいなものだ。実家から15分か20分も歩けば到達する。

  最近ではあまり頻繁に訪れる場所ではないので、お邪魔する度にその変化に驚いたりもする。が、変わらないものは、当然変わらない。たとえば、1件目に行った立ち食い・立ち飲みの店。屋号は忘れても、その店はかつてからそこに存在し、鯨肉やレバー、アサリに長ネギといったものを串揚げのフライにして、辛いソース・甘いソースで廉価で食べさせる。これが、結構イケてるのである。

  そういえば、何件目に寄ったお店の「もつの塩鍋」も美味しかったなあ・・・

  先日は立ち寄らなかったが、「毛沢東もビックリの餃子」「周恩来も驚くラーメン」と看板に書かれたその店「三陽」はいまだに健在であった。少なくとも35年以上はそこに存在している。ラーメン屋の話をしたついでに、横浜では「サンマーメン」というメニューが普通にある。昔からTVのバラエティー番組等でだいぶ紹介されているので、ご存じの方も多いとは思うが、決して魚のサンマがのっているラーメンではない(このように信じていた人が実はいた!?)。漢字で書くと「生馬麺」だったと思うが・・・

  昔にはなかったものといえば、都橋の雑居ビルの1階に横浜の地ビールを供する店にも入った。この本格的ビールはなかなか美味であった!

  最後に立ち寄ったイタリアン風のお店で見つけたもの・・・「ミートソースとちくわぶのニョッキ風」。たしかに、茹でたちくわぶはニョッキの食感と似ていると、妙に感心してしまった。

  立ち飲みの店には3軒ほど立ち寄り、小雨そぼ降る中を久しぶりに下町の夜を満喫した一日でした。

  花子先生、ありがとう!

  P.S.

  当日は、東京での会議が当初の予定より早く終わってしまったアルマジロ。早々に単独で横浜に向かい、黄金町にあるお馴染みの肉屋で焼き豚を買い、元町に向かって知る人ぞ知る「FUKUZO」に何十年ぶりかで立ち寄りかつてのトレードマークであるピンクのトレーナーを購入し、ホテルニューグランドの本館1階のカフェでアップルパイアラモードを食べながら読書した後、待ち合わせ場所の桜木町へと向かった次第。
  
  「FUKUZO」のタツノオトシゴのワンポイントは手縫いの刺繍ながら昔のとはだいぶ変わってしまいました。アルマジロ的には、昔の、あのとても抽象的なバージョンが好きなんだけど・・・(涙)
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-26 05:43 | 趣味のこと
「祝!ニュージーランド優勝: ラグビーW杯」
  昨日はラグビーW杯決勝戦、「ニュージーランドvs.フランス」。

  前評判は大方の予想通り、ニュージーランド有利。ただ、フランス代表が大舞台では異常なほどの強さを見せることが多いので、オールブラックス・ファンにとっては一抹の不安・・・

  かくしてオールブラックスのキックオフで始まったゲームは、雰囲気がかなり重いゲームとなった。オールブラックスが1トライ先行するも(5-0)、その後は一進一退。オールブラックスのペナルティー・ゴール(8-0)、フランスの1トライ・1ゴール(8-7)となる。

  後半も半ばを過ぎるとオールブラックスは、地元の重圧故か、プレーに固さが見られ、一つ一つの動きに思い切りを欠いている様相・・・それでも、なんとかフランス代表の出足を凌ぎきり、「8-7」で、なんと24年振りの勝利となった。

  それにしても、さすがオールブラックス! 怪我人続出の中で、よくもここまできたものだ。 特に、ゲームメイクに重要なポジションであるスタンドオフに関していえば、絶対的エースのダン・カーターを早々に失っただけではなく、その控えも失い、そのまた控えも失い、決勝戦ではそのまた控えも怪我で失った。つまり、オールブラックスは4人のスタンドオフを登場させざるを得なかったのである。

  それでも優勝してしまうオールブラックス。勝因は筆舌に尽くしがたいところではあるのだろうが、優勝の陰には、こちらも怪我を押して出場し続けたリッチー・マコウ主将の強烈なキャプテンシーがかなり貢献しているものと思われる。

  この男、「ニュージーランドで最も有名なニュージーランド人」とも呼ばれている、なかなかの伊達男である。アルマジロも是非一度お会いしてみたいものだと思う。ニュージーランド人でラガーであった昔昔の上司マックが存命であれば、「おめでとう!」の一言と共に、そんなおねだりを電話でしてみるのだろうが・・・
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-24 05:43 | 趣味のこと
「東京CoCoサイト」
  「東京CoCoサイト」・・・って???

  何を隠そう、これはコミュニケーションを考える場としての、一般市民参加型の市民公開講座です。もちろん無料!

  アルマジロもこのサイトの実行委員として参画しております・・・ということで、遅ればせながら皆様にご紹介!

  実は、この講座の第一回、先週10月14日に開催してしまいました! オープニングを飾ったワークは、「桃太郎のお話に出てくる鬼の言い分」を考えてみようというもの。

  コミュニケーションはとても多面的なので一言で言い表すのは結構難しいもの・・・ただ、一つ言えることは「相手が必要であるということ」、したがって、「双方向で考えてみることも大切」ということです。とすれば、子供の頃に聞いたお話では桃太郎が正義の味方でしたが、成敗された相手の鬼の言い分も訊いてみないことには「正義」の在り処もわかりませんよね。つまり、コミュニケーションでは、自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちも考える必要があるということに気付くためのワークだったのです。

  ・・・ということで、参加者の皆さんに鬼の言い分を考えてもらって発表して頂きました。多くの方に楽しんで頂いたようで、主催者側としてはとても嬉しい限りです。今後も「コミュニケーション」を様々な切り口から、皆様と一緒に考えていきたいと張り切っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  2か月に1回、偶数月に予定していますが、12月は忘年会シーズンでもあるので、次回は平成24年2月28日火曜日、今回同様渋谷駅から程近い会場にて開催予定です。

  次回の切り口は就職、再就職、あるいは、職場で上司と、営業の訪問先で等の場面。 ご興味のある方は是非どうぞ。応募の方法等は別途お知らせ致します(Yahoo等で検索しても見つかります)。

   乞う、ご期待!

  P.S.

  因みに、アルマジロの俺流定義・・・「コミュニケーション」とは、「周りを不安にさせないこと!」
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-21 05:51 | その他
「安斎 復活!」
  以前にもご紹介し、およそ1年前に突然閉店した鰻の名店、荻窪「安斎」が復活しました!

  今年7月の、土用の鰻の日に復活したのだそうです。

  なんと・・・復活当初はテイクアウトのみだったそうです。何故かというと、閉店した折にどんぶり等の商売道具をすべて処分してしまったからだそうです。そして、復活から約3か月経った今では、1階のテーブル席と2階のお座敷で頂くことができます。

  アルマジロにとって、これほどうれしいことはありません。

  そして、先日、遂にお邪魔してきました。旦那さんも女将さんも、アルマジロの顔も名前ももちろん憶えていて下さいました。帰りがけには、もう20年以上の付き合いの昔話をしてきました。閉店した理由は、敢えて尋ねようとは思いませんでした。

  復活、本当におめどうございます。

  アルマジロのこれからの楽しみは、先日食べたタレの味が将来こなれて、従前の安斎の味に一日も早く戻ることを待つことです。白焼きはもちろん、従前と同じ極上の味ですが・・・
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-19 05:43 | 趣味のこと
「ラグビーW杯:準決勝」
  ラグビー・ファンの方は既にご存じかと思いますが、先週末には準決勝2試合が行われました。

  土曜日の準決勝第一試合は、「フランスvs.ウエールズ」でした。6か国対抗等でお互いの手の内を知り尽くした両国の戦い、アルマジロ的にはウエールズを応援していたのですが、「9-8」という接戦をフランスが勝利し、決勝進出となりました。予選プールの戦いでは、日本やカナダに少なくとも表面上は結構苦戦していたフランス。準決勝では、なんのなんの、自由奔放、華麗なシャンパン・ラグビーを封印して、泥臭いラグビーでの勝利でした。それにしても、ウエールズは試合前半19分に若き主将をレッドカード退場で失ってしまったにも拘らず、その後は15人のフランスに14人で臨んでの接戦だったわけですから、ウエールズの選手達も敗者ながら賞賛される資格は十分あると思います。

  日曜日に行われた準決勝第二試合は、「ニュージーランドvs.オーストラリア」でした。いわゆる「オールブラックス対ワラビーズ」。こちらも南半球トライネーションズ等でお互いの手の内を熟知している国同士の一戦でした。オールブラックスは開催国の重圧に加え、第1回W杯以来優勝がないことからの国民の期待、中心となる選手達の怪我あるいは怪我による離脱などで、準々決勝以降かなり不安視されてきました。しかし、さすがはオールブラックス、「20-6」でオーストラリアに勝利しました。試合開始早々から前に出る圧力を強め、オーストラリアを圧倒。オーストラリアはニュージーランドの勢いに飲まれたことと、スクラムでの劣勢が敗因だったように思います。

  さて、来週の日曜日の決勝戦、「ニュージーランドvs.フランス」はとても楽しみです。前評判は、おそらく「オールブラックス有利」となるでしょう。日頃判官びいきのアルマジロも、今回はオールブラックスを応援したいと思っています。
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-17 05:45 | 趣味のこと
「休煙一周年」
  私事で恐縮だが、本日は休煙一周年記念日。

  「禁煙」としたわけでもなく、「休煙」とカッコ付けただけのことであるから、記念日と称する必要もないのかもしれない。ただ、感想を一言述べさせてもらえば、「光陰矢のごとし」、「Time flies like a rocket」である。

  さてさて、休煙の効果であるが、体重増はおよそ3Kg程度、その他体調に大きな変化は感じられない。夢の中で、あるいは、夢の中の夢で、煙草を吸ってしまったという夢が合計3度ほど。たまに、吸いたくなる時も。何より楽になったのは、何かの折に煙草を吸うスペースを探さなくてよくなったこと。そして、煙草の買い置きを心配する必要がなくなったこと。

  休煙してみて改めて思うことは、煙草を吸う人間の肩身の狭さ。「嫌煙権」もあるけど、「喫煙権」ももちろんあるのだぞ。煙草に抗がん効果でも発見されたらどうなることやらと思ってみたりもする。「ニコチン」は興奮剤に分類されてるそうで、近い将来スポーツ選手のドーピング検査に「ニコチン」の項目が含まれることになりそうだとの観測もあるみたい・・・

  健康に問題があるというのなら、相変わらず大気を汚染し続けている自家用車やトラックも電気式にしないといけませんな。但し、その電気を何から作るかが問題だ。火力発電なら多かれ少なかれ大気を汚染するし、原子力発電では皆様お馴染みの大リスクがありますもんね。

  歴史上、人間の健康なんて、常に経済成長とのバランスの中で蔑ろにされてきたのが現実。「嫌煙権」もよいけれど、そのエネルギーの持っていき場は別にあるはずなのですが・・・長いものには巻かれろってことなのでしょうかね・・・
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-14 05:48 | 日々雑感
「最近思うこと(10)」
ある日、仕事話をしている最中に突然アルマジロの触覚に触れた言葉・・・
記憶の隅に無理やり押し込めていた、子供の頃の忌まわしい記憶・・・

「それがあなたのためだから」

この言葉の意味や意図が理解できなくて、どれだけ親に反発しただろう。
小学生高学年、いや中学年の頃になれば、もう始めていたかもしれない。
最後は「屁理屈」とやり込められながらも、反発を繰り返し議論を吹きかけていた生意気な小僧だった。

でもね、大人達は気付いていなかったのかもしれない。
「あなたのため」のはずが、実は世にいう「不良」や「鼻つまみ者」を生じさせる原因となっていたことを。
そのことに気づいたのは、下町の出来の悪い中学校に通っていた頃だ。

「それがあなたのためだから」という言葉の裏側に隠れているものは往々にして大人の自分勝手な理屈だ。
それは、公明正大なルールなどではなく、自分達の都合のいいようにいつでも変えられるルールだ。
そのルールに当てはまらない論理は、すべて「屁理屈」と揶揄されることになる。

こんなことをいい歳こいて書いているアルマジロはなんて阿呆なんだろうと思われるかもしれない。

だが、それで結構である。
あなたに対して、「それがあなたのためだから」と真剣に考えてくれる人は何人いるだろう。
「それがあなたのためだから」と、あなたが真剣に考える相手は何人いるだろう。

それより何より、「あなたのため」とは一体どういう意味なのだろう。
その言葉とは裏腹に、本心では「自分の満足のため」になっていることが多いと感ずるのは、気のせいだろうか・・・
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-12 05:44 | 日々雑感
「ラグビーW杯:ベスト4出揃う」
ラグビーW杯、この週末は準々決勝でした。

勝ち上がった4チームは、まず「ウエールズ」。予選プールを全勝で勝ち上がった「アイルランド」に快勝。

お次は、「フランス」。予選プールでは苦戦続きでしたが、過去のW杯で因縁のある「イングランド」に接戦の末、快勝。

そして、「オーストラリア」。準々決勝一番の接戦で「南アフリカ」を破りました。

最後に、「ニュージーランド」。主力が満身創痍ながら、「アルゼンチン」に快勝。

アルマジロ的には、この4チームの中で最も楽しみなのは「ウエールズ」でしょう。
23歳のキャプテンが率いる、平均年齢26歳という若手・ベテランでバランスのとれたチームです。
それ故か、今大会で試合を重ねる毎に最も成長したチームのひとつであることは間違いないでしょう。
優勝までは難しいかとも思いますが、かつての強い「ウエールズ」、世界最強のレッド・デヴィルの異名をとった頃の「ウエールズ」が復活するか否かはとても楽しみです。

アルマジロが高校生の頃、国立競技場で観た「ウエールズ」は、まさに世界最強の頃でした。フルバックのJ.P.ウイリアムズやウイングのJ.J.ウイリアムズ、そして、No.8のデービスなど、今でも鮮明に覚えている程のスーパープレーの数々。

それは、兎も角・・・準決勝は今度の土・日です!
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-10-10 06:41 | 趣味のこと



法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb