迷参謀アルマジロの日々是修行日記
「OOさん」
  アルマジロが大学生の頃、後に入社することになる外資系大会社を訪問した際に、人材開発部部長代理の方に言われたことがふたつ:

  1.この会社では上下関係に関わらず「OOさん」と「さん」付で呼びます。もちろん、日本人以外の人に対してはファースト・ネームで呼ぶこともあります。

  2.日本における独立法人ではあるけれど、アメリカの本社に対する支社みたいなものだから、海外勤務は期待しないで下さい。

  上記2)はさておき、1)の意味するところは、それだけこの会社の従業員の雰囲気はオープンで気さくなのだということである。その結果として、当時社会で一般的だった「部長」「課長」等の役職名で呼び合うことはなかった。アルマジロの記憶でも、もちろんたまに苗字を呼び捨てにする上司もいたが、大概は「さん」「君」付けか、ニックネームである「ボクちゃん」(入社以来、当時のお姉さま方に付けて頂いたあだ名。決して「良い家の出」の意味ではない!)と呼ばれていた。

  話が最初からだいぶ横道に逸れてしまったが、「OOさん」などの呼び方ひとつでグループの雰囲気は結構変わるものである。だから、社内や部署等の雰囲気を変えようと思ったら、現在の「呼び方」について一考してみることにも価値があるのでは、ということが言いたかったのである。

  話の逸れ次いでに・・・アルマジロは、士業仲間の慣習(?)であるところの「先生」呼ばわりされることが大嫌いである。なぜならば、「先生」などと呼ばれると何処か馬鹿にされているように感じるし、何処かいい気になってしまいそうだからである。もちろん、「先生」と呼ぶことで楽することもあるが・・・そんなこんなで、いわゆる士業仲間の中にあっても「先生」と呼ぶことも比較的少ないし、付き合いのある社長達や関係各位の方々には「さん」付けでお願いしている次第である。

  ところで、「先生」は止めて下さい、「さん」で結構です、とお願いして回るのは、もぐら叩きのようなもので結構しんどい。疲れている時など、最近では聞き流してしまうことも多い。ところが、最近うれしいことがひとつ! 実は士業の肩書とは関係のないプロジェクトが進行中なのだが、そこでは幸いなことに「先生」と呼ばれることは今のところ皆無である。周りの人々は少数の例外を除いて皆「先生」なのだが・・・

  相手の皆さんは、ひょっとして、どう呼んでよいのか困惑しているのかも知れない。だが、アルマジロにとってはとても快適であり、ありがたい限りである。
[PR]
by hayakawa-houmu | 2011-06-06 05:42 | 日々雑感
<< 「ラグビーU20アップデイト」 「おとな???」 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb