迷参謀アルマジロの日々是修行日記
「日本イチジク」
  先週の土曜日、当ブログでもご紹介した「シェ露堂」の有岡シェフからイチジクと茄子がたくさん届きました。イチジクはハザマのいちじく、茄子は三豊なす。どちらも地産地消を唱えるシェフの地元、香川県産ですね!

  早速イチジクを食したところ、「ウーン・・・イチジクの味って、こういう味だったよね!」という感想が思わず溜息と共に出てしまうような、そんな美味しいイチジクでした。

  有岡シェフにお礼の電話を入れると、「そのイチジクは日本イチジクだからね!」とのことでした。つまり、通常売られているのは「西洋イチジク」とのことで、「西洋イチジクは料理に使おうとしても手の入れようがないから・・・」とのことでした。

  子供の頃、母の実家にイチジクの木があって、アルマジロにとってのイチジクは、季節が来るとおばあちゃんがザルにたくさん入れて持ってきてくれるものでした。八百屋とか果物屋で買うものという意識はまったくなかったのです(東京で店頭で売られているイチジクを見付けた時、たいそう驚いたものです!)。そして、その味は見かけは悪くともとても美味しく、アルマジロの大好きな果物でもあったのです。

  現在では珍しくなってしまった「日本イチジク」・・・今回頂いたイチジクは、アルマジロが幼少の頃に堪能した、そんな、かつてのイチジクの味を思い起こさせてくれるイチジクでした。

  有岡シェフ、いつもいつもありがとうございます!


  P.S.

  送って頂いた茄子は、今では結構有名になってしまった「三豊茄子」です。この茄子は、そもそも有岡シェフが気に入って料理に使っていたのですが、「あのシェ露堂で使われている茄子」ということで宣伝されてしまい、今やブランド化されてしまったのです。

  有岡シェフによると、「今年の茄子はあまり良くない」とのことでしたが、どうしてどうして、送って頂いた茄子は美味しかったですよー! 浅漬けや焼き茄子も美味しいのですが、アルマジロの好物は有岡シェフ直伝、三豊茄子の皮を剥き、厚さ3ー5センチの輪切りにして片栗粉をまぶし、フライパンに太白ごま油を引いて表面をさっと香ばしく焼いた後オーブンで仕上げて、はい、出来上がり! 軽く塩をふるだけで、茄子の中がホクホクしていてとても美味しく頂けます。この季節のシェ露堂のメイン料理の付け合わせの定番でもあります!
[PR]
by hayakawa-houmu | 2010-09-17 05:37 | 趣味のこと
<< 「投資効率!?」 「神様のきまぐれ」 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

法務参謀アルマジロ日記
by ととろ
早川法務事務所
ビジネス・スキルの向上には・・・ビジネスコーチ遠藤嗣一郎のWeb